改定履歴

  • 2019年10月09日 制定・発効
  • 2021年11月24日 改定

資金使途の適格性

当社は、支援・寄付募集の申込みを受けた場合であっても、その資金使途が以下に該当する場合、サービスのご利用をお断りさせて頂く場合があります。

(1)法令に反する内容、または違反するおそれがあるもの
(2)公序良俗に反するおそれがあるもの
(3)犯罪行為を助長するおそれがあるもの
(4)特定の個人、企業、団体等を誹謗中傷し、または名誉もしくは信用を傷つけるおそれがあるもの
(5)他者の権利または正当な利益を侵害するおそれがあるもの
(6)虚偽の内容、事実と異なる内容、客観的根拠が十分でない内容を含むもの
(7)特定の人種・民族、思想・信条等への差別を助長させるおそれがあるもの
(8)他者に対して特定の思想、信条等を強制するおそれがあるもの
(9)社会の風紀を乱すおそれがあるもの
(10)青少年の健全な育成に反するおそれがあるもの
(11)社会通念を超えて環境を破壊するおそれがあるもの
(12)ねずみ講、マルチ商法、ネットワークビジネス等に関するもの
(13)不当な高額商品、情報商材等の販売に関するもの
(14)資金使途が具体的に特定されていない場合
(15)非科学的・荒唐無稽な場合
(16)反社会的または不正な目的が認められる場合
(17)その他当社が適切でないと判断したもの


お断りさせて頂く場合があるプロジェクトの例

当社の判断でサービスのご利用をお断りさせて頂く資金使途の例は、例えば以下のようなものがあります。
(1)生活費用
(2)借金の返済資金
(3)投融資の資金
(4)賭博、遊興の資金
(5)風俗営業店の開業・運営のための資金

また、治療費用(手術費、入院費)を集める場合も、その内容等に照らしてサービスのご利用をお断りさせて頂く場合や、ご利用の条件を付加させて頂く場合があります。